燃料調整額 法人 特別高圧・高圧

燃料調整額 法人 特別高圧・高圧

燃料調整費はマイページにてご確認ください。

燃料調整額とは

燃料費調整額とは、電気をつくる燃料の価格変動にあわせて料金を調整する制度です。

燃料費調整額は燃料の価格変動に合わせて調整します。

  • 平均燃料価格 = 実際の燃料価格

    直近3か月間の実績より算出します。

  • 基準燃料価格 = 想定していた燃料単価

    料金設定の前提となる価格です。

  • 平均燃料価格が基準燃料価格を上回る場合:プラス調整

    平均燃料価格が基準燃料価格を下回る場合:マイナス調整

エリアによって燃料費調整額とは別に、離島ユニバーサルサービス調整額も合わせて調整します。

平均燃料価格とは

原油・液化天然ガス・石炭それぞれの3ヶ月間の貿易統計価格に基づき、次の計算式で平均燃料価格を算定します。

北海道・北陸電力管内

平均燃料価格=A×α+B×β

東北・東京・中部・中国・四国・九州電力管内

平均燃料価格=A×α+B×β+C×Γ

A=各平均燃料価格算定期間における1キロリットル当たりの平均原油価格

B=各平均燃料価格算定期間における1トン当たりの平均液化天然ガス価格

C=各平均燃料価格算定期間における1トン当たりの平均石炭価格

  • α、β、Γは別表1に定める係数です。
  • 各平均燃料価格算定期間における1キロリットル当たりの平均原油価格、1トン当たりの平均液化天然ガス価格および1トン当たりの平均石炭価格の各単位は、1円とし、その端数は、小数点以下第1位で四捨五入します。
  • 平均燃料価格算定期間と燃料費調整適用期間の関係は図1を参照ください。

燃料費調整単価の算定方法

算出した平均燃料価格を用いて、次の計算式によって燃料費調整単価を計算します。
なお、燃料費調整単価の単位は、1銭とし、その端数は小数点以下第1位で四捨五入します。

燃料費調整額は燃料の価格変動に合わせて調整します。

1キロリットル当たりの平均燃料価格が基準価格X円を下回る場合

燃料費調整単価 =(X - 平均燃料価格)×基準単価 / 1,000

1キロリットル当たりの平均燃料価格がX円を上回り、かつ基準価格Y円以下の場合

燃料費調整単価 =(平均燃料価格 - X)×基準単価 / 1,000

1キロリットル当たりの平均燃料価格がY円を上回る場合

燃料費調整単価 =(Y - X)×基準単価 / 1,000

  • 燃料価格 X、Yは別表1に定めるものとします。
  • 平均燃料価格が上限価格Yを上回る場合の調整は低圧のお客さまのみが対象となります。
  • 基準単価は、平均燃料価格が1,000円変動した場合の値とし、別表1に定めるものとします。

別表1:燃料費調整単価算出係数等

図1:平均燃料価格算定期間と燃料費調整適用期間の関係

平均燃料価格算定期間の平均価格によって算定された燃料費調整単価は、次の燃料費調整適用期間に使用される電気に対して適用されます。

平均燃料価格算定期間と燃料費調整適用期間の関係