ABOUT

丸紅グループの発電事業について

国内・海外での
豊富な実績とノウハウ
そんな丸紅の電力販売を担うのが私たちです

世界で暮らしを支える丸紅グループの電力事業

世界の国々で電力を供給

国内外で圧倒的な実績とノウハウ

丸紅新電力は15年以上に渡って皆さまの豊かな暮らしを照らし続けています。
丸紅グループでは、1955年に電力事業をスタート、国内に先駆け世界各国で電力供給を行ってきました。
世界中に大規模発電施設を所有し、国内外問わず電気を供給してきております。
国内では2002年に国内電気事業に参入、多くのご家庭・施設にご満足いただける電気をお届けし続けている多くの実績とノウハウがあります。

世界の国々で電力を供給

海外電力事業での豊富な実績

丸紅グループでは、1979年のフィリピンでの地熱発電所の設計・調達・建設の一括請負(※)を電力事業の皮切りとし、1990年代からはそこで培った経験・ノウハウを活かし、自社発電設備を建設・運営をはじめ、電力を電力会社に売るIPP(Independent Power Producer:独立系発電事業者)事業に参入しました。
以来、日本を含めた世界23カ国において、長期にわたり安定的な電力供給体制を構築しています。また、近年では風力発電や天然ガス火力発電など、再生エネルギーを活用した発電事業も注力しています。
丸紅グループの持分発電容量は日本総合商社グループ最大級の12,284MW(2017年12月現在)です。

(※)EPC事業:発電所の設計(Engineering)・調達(Procurement)・建設(Construction)を一括して請け負う電力事業。

国内32か所の発電所を丸紅グループが運営

丸紅グループとしては2002年に国内電気事業に参入して以来、オフィスビル、倉庫、学校、レジャー施設などに電気をお届けしてきており、更には電力会社向けの卸供給も行っております。
そして、2016年に電力小売事業を「丸紅新電力株式会社」として設立し家庭用電力販売を開始、2018年度の販売実績は、業務用・家庭用を合わせ、約260万キロワットにのぼり、業界トップクラスの御申込数をいただいております。

国内発電所

電力の価値=信頼性の高さ

新電力として15年以上にわたってビジネスを展開してきた当社には、電力需給運用全体のマネジメントができる豊富な人材と、多くのノウハウが蓄積されています。丸紅新電力の最大の強みは「内製化された高度な電力需給運用能力」です。

  • 再生可能エネルギーの電源運用スキル
  • 独自の需給運用ロジックに基づくシステム開発力
  • 2002年の国内電力市場への本格参入以来、15年以上の長期安定供給実績
  • 総合商社としてのネットワークを活かした、さまざまな電力販売先(需要家・同業者融通)との取引実績
  • 他社に委託することなく、完全自社にて需給運用を管理