丸紅新電力・グループの特長

電力自由化における丸紅グループのこれまでの取り組みと実績、
丸紅新電力の強みを紹介します。

発電所紹介はこちら >

特長1
海外・国内における
豊富な実績
特長2
再生可能エネルギー
への取り組み
特長3
長期供給実績に基づく
高い運用ノウハウ

特長1

“新”電力ではありません〜 海外・国内における豊富な実績 〜

  • 発電容量総合商社No.1 ※国内外含む容量

  • 世界22カ国における電力事業実績

  • 国内23,000拠点超の供給実績

  • 2017年7月現在の実績となります

海外電力事業での豊富な実績

丸紅グループでは、従来から海外の発電所の設計(Engineering)・調達(Procurement)・建設(Construction)を一括して請け負うEPC事業を中心に電力事業を展開。また、1990年代からはEPC事業で培った経験・ノウハウを生かし、自前で発電設備を建設・運営し、電力を電力会社に売るIPP(Independent Power Producer:独立系発電事業者)事業に参入しました。以来、日本を含めた世界23カ国において、長期にわたり安定的な電力供給体制を構築しており、各国でプロジェクトリーダーとして建設から運営までを主導しています。また、風力発電や天然ガス火力発電など、環境に配慮した発電事業も多数手がけてきました。現在、当社持分発電容量は日本総合商社最大級の11,765MW(2017年7月現在)です。

PPSのフロントランナー

丸紅グループは、海外電力事業で蓄積したノウハウを活用し、国内においても常に先陣を切って電力事業を切り拓いてきました。そのため、国内電力小売事業においても豊富な実績を誇っています。

2000年
2000年の電力小売自由化と同時に、丸紅株式会社が水力発電所「三峰川電力」を取得し運用ノウハウを蓄積。
2002年
国内電力市場に本格参入(国内で2番目)。自ら発電設備を保有するPPS(特定規模電気事業者)の草分けとして事業を開始。
2004年
自由化範囲の拡大とともにビジネスを拡張。
新規電源の建設および余剰電力を確保。
2015年
北海道、東京、中部、関西、中国、九州電力管内でスーパー、オフィスビル、官公庁施設など4,500以上の売電契約地点を通じ、約1,200MW規模の電力小売事業を展開(2015年11月時点)。
11月 丸紅新電力(株)設立。
2016年
4月より、低圧向け電力小売の全面自由化。
東北電力管内での供給開始。
丸紅新電力(株)へ事業移管。

特長2

“手づくり感”のある、多様な電源〜 再生可能エネルギーへの取り組み 〜

再生可能エネルギー事業

  • 水力

  • 風力

  • 太陽光

  • バイオマス

  • 天然ガス

丸紅グループは国内17地点にて発電所の建設実績があります。火力発電のほか、水力発電、風力発電、太陽光発電(メガソーラー)、バイオマスといった再生可能エネルギーにも注力しています。丸紅グループは、新電力業界の中で希少な30MWを超える規模の水力発電を自社グループで保有しており、そのノウハウを活かし注力している事業の1つが「小水力発電」です。

「地域密着・環境配慮」の電源開発

  • 新潟県関川村 メガソーラー

  • 山梨県北杜市村山六ヶ村堰
    ウォーターファーム

  • 中袖クリーンパワー

丸紅グループでは、新潟県関川村のメガソーラーや山梨県北杜市の小水力発電所など「地域密着・環境配慮」の電源開発を進めています。一方で、コストや価格面も考慮し、環境負荷(CO2排出係数)が低い天然ガス火力発電所(川崎・中袖)も保有しています。さらに、「福島復興・浮体式洋上ウインドファーム」など、次世代の再生可能エネルギー開発も積極的に行うことで、将来を見据えた電力供給システムの構築を目指しています。

特長3

長期供給実績に基づく
高い運用電力需給ノウハウ

電力は、需要が発生した瞬間に、それに応えるだけの発電をすること(同時同量の運用)が求められます。電力事業者には需要予測に基づき、30分単位での同時同量が求められていますが、需要と供給を高い精度でマッチングさせるためには、高度なシステムと運用ノウハウが不可欠です。

新電力の課題
新規参入者である新電力にとって
電気の需要と供給のバランスを取るには
高い運用ノウハウが必要。
丸紅新電力の強み
2002年の事業開始以来、
10年以上の長期安定供給実績を持つ。
高度な電源運用スキルを蓄積。

電力の価値=信頼性の高さ

PPSとして16年間にわたってビジネスを展開してきた丸紅グループには、電力需給運用全体のマネジメントができる豊富な人材と、多くのノウハウが蓄積されています。丸紅新電力の最大の強みは「内製化された高度な電力需給運用能力」です。

  • 再生可能エネルギーの電源運用スキル
  • 独自の需給運用ロジックに基づくシステム開発力
  • 2002年の国内電力市場への本格参入以来、10年以上の長期安定供給実績
  • 総合商社としての総合力を活かした、さまざまな電力販売先(需要家・同業者融通)との取引実績
  • 他社に委託することなく、完全自社にて需給運用を管理

発電所紹介

水力・バイオマス・太陽光など
全国の発電所一覧を、エネルギーの種類ごとにご紹介します。